ニュースリリース

2018.7.21 お知らせ

安全データシート交付のお知らせ

需要家 各位

 

拝啓 貴社いよいよご隆盛のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

さて、2017年8月に労働安全衛生法施行令と労働安全衛生規則が改正され、ポルトランド
セメントが特定化学物質に追加されました。
このため、ポルトランドセメントが主要な原材料である生コンクリートも安全データシート
(Safety Data Sheet:SDSと省略することもあります)の交付が本年7月1日より義務化されました。
つきましては、安全データシートに記載されている各種の情報をご参考にしていただき、
生コンクリート施工時の安全対策を実施の上、お取扱いいただきますようお願い申し上げます。

 

※SDSとは

SDSとは、Safety Data Sheet のことで、日本語では“安全データシート”と呼ばれています。厚生労働省と経済産業省の指導により、有害化学物質の譲渡や提供の際、SDS を交付することが義務付けられています。 SDS 制度は、対象化学物質を事業者間で取引する際、その性状および取扱いに関する情報の提供を義務づけるもので、これにより、化学物質の安全な取扱いを推進するための手段として、実施されています。 化学製品(セメント、固化材等)の性質を正しく理解していただき、安全にお取り扱いいただくため、化学製品に含まれる物質のほか、人や環境へ与える影響、取り扱い上の注意などを記載しております。